水は大きく硬水と軟水の2つに分けることができます。 硬水はミネラル分が豊富な水で、軟水はミネラル分が少ないものを指します。 では、ミネラル分が豊富な硬水は、体にいいのでしょうか? 結論からいうと、それは飲む人によって異なります。 ミネラルを多く摂取できるので、お通じが良くなったり、代謝がアップしたり、硬水には様々なメリットがあります。 しかし、お腹が弱い人だと、ミネラル分が多い硬水を飲むと下痢をしてしまう可能性もあるのです。 特に、赤ちゃんが硬水を飲むと下痢をする可能性が高いため、飲ませない方がいいといわれています。 また、ミネラルは体に必要な栄養素ですが、過度に摂取すると健康状態に悪影響を与える場合もあるので注意してください。 また、硬水はクセが強く、軟水を飲み慣れている日本人にとっては飲みづらいかもしれません。 そのため、硬水でミネラルを摂取したい場合は、水として飲むのも良いですが、料理などに使用するのもおすすめです。